カリキュラム紹介

国語選修における専門科目のカリキュラム

  国語選修では,学部の卒業要件や各自の取得する免許上に必要な単位数に応じて,各分野の授業・単位をまんべんなく取得し,小学校教師,中学校(国語)教師,高等学校(国語・書道)教師として必要な学びを積み重ねます。さらに,「国語科教育学」/「国語学」/「国文学」/「漢文学」/「書写・書道教育学」のいずれかから核とする分野を決め,その分野に関する科目を重点的に学習し,また教員ごとに開設するゼミナールに所属して,学びを深めていきます。その成果を4年次での卒業研究(卒業論文)にまとめます。

※画像をクリックすると、拡大します。

国語選修の重点事項

目  標

国語科は小・中学校における基礎科目として重要な役割を担うものとの認識に立って,国語教師としての資質を陶冶する。

重点事項

  1. 小・中学校において国語科の指導を行うために,国語科諸学に関する充実した学びを実現する。
  2. 各関連諸学を包括する立場としての国語科教育学に関する充実した学びを実現する。
  3. 小・中学校の国語教師として必要な,言葉に関する豊かな見識と指導力を身につける。